着物・振袖・袴

振袖をレンタルする際に留意すると良いこと

和傘をさしている女の子

成人式や結納、七五三など様々なライフイベントにおいて、振袖を着る機会があります。祖母や母からのお下がりの振袖、新しく購入する振袖、どれも価値のあるものですが、最近では振袖をレンタルする方も増えてきています。実際に振袖をレンタルする際には、次のようなことに留意すると良いでしょう。 ○自分や子どもが着るシーンに合わせた振袖を選ぶ まず第一に、自分や子どもがどのようなシーンで振袖を着るのか考え、そのシーンに似合う振袖を選ぶことが大切になります。ひとつの切り口としては、可能な限り多くの振袖を取り扱う店舗からレンタルする方が、自分や子どもが着るシーンに合わせた振袖を選びやすくなると考えられます。 ○万が一の破損、汚損に備えて レンタルだから大切に扱うように心がけていても、どうしても不意に振袖を破損、汚損してしまう場合があります。そのような場合に、振袖の破損、汚損などの修理保証があるかどうかを確認することも大切になります。仮にいくらか保証費用を支払うとしても、振袖は高価なものが多いですから一考の余地があるように思えます。 以上のような点に留意するだけでも、満足のできる振袖のレンタルの実現に近づくのではないかと考えられます。

注目記事

新着記事リスト

2016年10月06日
振袖をレンタルする際に留意すると良いことを更新しました。
2016年10月06日
インターネットで振袖をレンタルを更新しました。
2016年10月06日
女性用のレンタル袴・振袖についてを更新しました。
2016年10月06日
成人式振袖、いつから探せばいい?を更新しました。