着物・振袖・袴

注目記事

振袖、袴のレンタルについて

私には、二人の娘がおります。長女の成人式用に振袖をレンタルする予定で、着物店に訪れました。知人から事前にレンタル料金をリサーチしてから、来店致しました。長女は大学にも通っており、卒業式には袴もレンタルになる事にもなると金銭面で頭を痛めておりました。店内に入り、最初はレンタル用の振袖を希望して色々物色していたのですが、お値段もそこそこでしたし、振袖の生地購入のお値段と変わりなく、悩んでおりました。卒業式には、袴だけではなく振袖もしくは中振袖もレンタルが必要になってきます。2回レンタルすると…と考えた時、購入でも、あまりお値段はかわりないのかな?と思い始めました。
そう考えながらも、レンタル振袖をなん着か試着していましたが、なかなか本人が気に合うものがなく、これはどうかな?と思う物は、やはりお値段もそれなりでした。そして、レンタル関係なく店内の振袖をなん着か試着してみました。その時、たまたま本人が気に入り店員さんもお薦めの振袖に出会いました。
私が、長女が大学に通っている話や、袴のレンタルの話をしていた所、そこの着物店では、購入して頂くと、袴レンタル無料や、成人式の着付けヘアセットがサービスになる話をされました。気に入った振袖のお値段もあまりお高くなくて、しかも一式料金を聞くと、レンタルを2回するのとお値段が変わらない事になるのだとわかりました。
色々考えた結果、購入いたしました。

イマドキの振袖コーディネイトを一式レンタル

振袖と言えば成人式。現在でもほとんどの女性が成人式には振袖を着られるかと思います。そんな振袖の最近の流行、レンタルについてお伝えしていきたいと思います。昔、振袖のレンタルと言えば着物の柄を選んで、それにあう小物をつけてもらう、ということがほとんでした。しかし、時代が進むにつれ一重に振袖と言ってもその幅は広がり、1つ1つのアイテムのデザインがとても充実するようになりました。
着物も、昔ながらの古典柄から、最近は洋物のお花(バラ等)があしらわれたものなども登場しています。グラデーションやラメが入ったり、昔と比べるとかなり個性的な柄が増えてきました。小物も(襟、帯締め、帯揚げ等)様々なものを自分の好みでカスタマイズできる時代となり、自分だけのコーディネイトを楽しむことができるようになりました。
現在、多くのホテル等で振袖展示会などのイベントが開かれています。そこでは実際に着物の知識が豊富なスタッフがコーディネイトのアドバイスをしてくれるので、着物の知識がない方でも安心して自分の好きなコーディネイトができます。また、トータルコーディネイトでのレンタルも出ているので、個性的なコーディネイトが簡単にレンタルできるようになりました。自分だけのコーディネイトをしたい、でも着物のコーディネイトなんて分からない、という方はぜひ1度、振袖展示会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

振袖はレンタルでも仕立ててもらおう

成人式の、女の子の1番の関心はやっぱり振袖ですよね!振袖を、いかに可愛く、人と被らずに着られるかって重要だと思いませんか?お母様やお姉さんの振袖を着たりプチプラの振袖はレンタルで済ませてしまうこともできると思いますが、筆者がおすすめするのは、振袖のレンタルは、生地から仕立ててもらうことです。
レンタルなのに仕立てる?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。筆者は成人式で、自分用に仕立てた着物をレンタルしました。自分用に仕立てた着物を着ることで、柄は最新の(流行の)ものが選べます。それに、プチプラの振袖と違って他の子とかぶる心配がありません。
仕立てた着物をレンタルするには、布から仕立てて、レンタルさせてくれる呉服屋さんを探す必要があります。筆者の経験からすると、老舗の呉服屋さんはこのサービスを結構されています。老舗の呉服屋さんは、地域によって様々だと思うので、ご両親やおばあちゃんに聞くのがいいですね。
ちなみに、筆者が老舗をおすすめするのにはもう1つ理由があります。老舗の呉服屋さんだと、仕立ても着付けもとても上手にしてくれるんです。プチプラの振袖に比べると値段は高いですが、ぜひ自分仕様の振袖を着てくださいね!

新着記事リスト

2016年10月06日
振袖をレンタルする際に留意すると良いことを更新しました。
2016年10月06日
インターネットで振袖をレンタルを更新しました。
2016年10月06日
女性用のレンタル袴・振袖についてを更新しました。
2016年10月06日
成人式振袖、いつから探せばいい?を更新しました。